取り外しのできる矯正治療

自分で取り外しができる装置を使った治療法です
自分で取り外しができる装置を使った治療法です

「インビザライン」という透明なマウスピースを使う方法や、
「床矯正」と言われる装置をお口の天井や舌の下にはめて使う方法があります。

※インビザライン・・・完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース矯正装置のメリット

ご自分の歯型にあった透明な矯正装置をつけて、歯ならびの治療を行うのが「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」です。

透明で目立たず、食事や歯みがきが普段通りできる
透明で目立たず、食事や歯みがきが普段通りできる

矯正装置自体が透明なので、普段、つけていても目立ちにくいです。また、食事や歯みがきのときには取り外していただけるので、簡単に清掃でき、お口の中も清潔に保ちやすいです。

マウスピース矯正のデメリット

  • 治療できる症例が限られている
  • 指定された装着時間を守らないと、治療の結果に影響が出ることがある

ご予約・お問い合わせ

  • 初めて矯正の相談・問い合わせをされる方へ初診の方は平日10時から受付可

  • 平日忙しい方も大丈夫土曜日診療

  • 学校・仕事帰りに気軽に通院できます月・水・金は20時まで診療

豊富な症例を踏まえて、
現在の状態から矯正治療が終わった後の
状態までをきちんと予想し、
あなたにあった矯正治療方法をご提案します。